根暗

 

わたしはまあ、たぶん、いわゆる根暗というアレなんだろうと思います。

 

お会いしたことがある人はご存知だろうけど、わたしはまあ、結構、よく喋ります。喋るというよりべしゃるという方が正しいんじゃないかというくらい、よく喋ります。

声も大きい。そう、声、めっちゃ大きい。デカイ。生まれつき声が通るんですよね、これが。

あとまあ、顔とか態度とか、いわゆる印象というやつに影響するものであんまり性格が暗そうな要素はないと思います。知らんけど。まあ、だからこそ根暗なんですけどね。

 

自分のこと、根暗だな〜〜〜って思う時、その一。お酒を飲んだ時。

 

お酒を飲んだ時って、まあ、あれじゃないですか。こう、ワァ楽しい〜〜〜ってなるじゃないですか。

わたしもね、なるんですよ。ある程度。なることはなるんですよ。介抱役ポジションの方が圧倒的に多いし、介抱されたことなんて本当に数回しかないと思うんですけれども。

 

わたしだってお酒飲んだら楽しいですよ。ビール最近すぐお腹いっぱいになるけど。ちなみによく飲むお酒は角ハイ、鍛高譚緑茶割り通称たんりょく、鍛高譚の梅酒のソーダ、です。鍛高譚の梅酒はマジでうまい。薔薇の梅酒もうまいよ。朝摘みの薔薇梅酒は不味いから注意してください。

 

で、お酒飲んだら楽しいのになんで根暗って話に繋がるか?ってところなんだけど、わたし、お酒を飲んで少しだけ楽しくなった後に一気に気分が落ち込みます。

 

いわゆる泣き上戸です。

 

本当に泣いたことはそんなに多くはないんですけど「ヤバイ……酒抜けてきた……落ち込む……これ落ち込むやつや……帰ろ……」ってなったことは多々あります。

 

深酒をするとめっちゃ懺悔します。

いつぞやのわたしの誕生日の祝いの席で、わたしは机に突っ伏してマブダチ二人に泣いて詫びてたことがあります。本当に泣いてました。マブダチ二人は笑い上戸なのでそんなわたしを見てめっちゃ笑ってました。楽しかったです。いい思い出です。

 

あとね、あれね、お酒飲むと油断してやたら難しい話をしだすことがあるよね。

みんな何故死を恐れるのか?そもそも死とはなんなのか?死んだらどこへ行くのか?死について知る術はないのか?とか……いやうーん、これは嘘かな、嘘というほどでもないんだけど、生と死バージョンより愛と性の哲学バージョンの方が多いかな……嫌過ぎ……

 

でもね、お酒飲むの好きですよ。楽しいし。そもそもわたしが泣くのはお酒が抜けてきた時なんで、断続的に飲み続ければ実は回避できるんですよね。

でもそれめっちゃ恐ろしいね。

一度酒を飲んだら家に帰るまで抜けることなく飲み続けなければいけないってね……恐ろしいね……

 

お酒を飲むことって元気の前借りだと思うんですよね。だって抜けたらめっちゃ寂しくなるもん。ならないですか?わたしだけですか?

お酒って魔法使いじゃないんですよね〜

だってないエネルギー作れないもん。質量保存の法則に従ってると思うんですよね人間は。本当はあるんだよね、酔っ払いモードを作るエネルギーが普段から眠ってるんだよね。

 

なんでお酒の話してるんだっけ。まあいいや。

まあでも、あれですよ、本当はお酒なんか飲まなかったっていいはずなんですよ、本当は。

 

とかなんとか言いながら今日も缶ビール飲みながら帰ります、寂しいこともまた一興。人間一人にならないとできないこともある。根暗最高、根暗万歳。傷は舐め合うべきだし、ない傷を舐め合うことだってダサくとももしかしたら生産的なことに繋がるかもしれないし。知らんけど。